おはしゃー日記

適当なことをゆるーく書き連ねます。

ぱぴぷぺポーランド語

最近、ポーランド語の勉強をしている。
週に1回90分のクラスに通っているんだけど、これが楽しいんだな~~~!

正直、文法も単語も発音もちんぷんかんぷん。
教わったこともすぐ忘れる。
申し訳程度に毎日アプリでぽちぽち自習しているだけの、ゆるゆる学習だ。

しかし、ちっともわからないのが楽しくて仕方ないんだな~!
知識の海で迷子になる感覚が、心細くもあり、おもしろくもあり。
少しずつわかるようになっていくのは快感だし。
通っているのが初級クラスだから、「わからないのが当たり前」という空気の中で安心して勉強できるのもいい。
間違えても、むやみに自己卑下せずに済むというか…
そこはほら、英語だと(人生の半分以上英語を勉強してるのに?え?なんなの?ミスとかありえないよね?)みたいなこと自分で思ってしまうし…

ちなみに初級クラスは、日本人講師とポーランド人講師が1週交代で担当して下さっている。
ポーランド人講師の授業は、最初から最後までポーランド語のみ!
「何を言ってるか全くわからないでござる~~~笑」という気分になれて、とっても楽しい。
意味がわからないがゆえに脳内をスルーして行こうとするポーランド語を、必死につかまえようとするんだよね。
薄れまくった記憶をたどり、意味を推測しながら、講師の言葉に集中する。
「今!!脳みそ使ってるぜー!!フル回転だぜー!!」という感じで、90分の授業が終わる頃にはぐったり。
その疲労感が心地よいんだな~

ポーランド語は日本語とも英語ともあまり似ていなくて、文法も単語もほぼ手がかりがない。
さすがスラブ言語だよね!よっ!西スラブ!と思いながら勉強してるけど、たまに「これは英語のあの単語と語源が同じでは?」なんて気づくことがあるのもいい。
世界がつながっていることを感じる瞬間…!などと、壮大なことを言ってみたり。ふはは。
ほとんど理解できないからこそ、ひらめいたとき、ものすごく気持ちいいんだろうな。
脳が活性化する気がする。

新しいことを学ぶって、ほんとに大事だなーとしみじみ思う初夏。